×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

看護師不足の原因

看護師不足の原因は!

 

看護師不足が社会問題の一つとなっている現代ですが、実際にどれくらい足りないのかというと、全国で4万人程度の看護師が不足しているといいます。

 

しかし、実際には毎年国家試験を受けて合格する看護師は1万人おり、看護師全体の数は数十万人に上るといいます。それにも関わらず、看護師不足が起きてしまう理由としては、離職率の高さが挙げられます。

 

現在、国家資格を保有していながらも、医療機関に勤務していない看護師の数は50万人以上といわれており、離職率を抑制すること、あるいは資格保有者の再就職をサポートすることで、看護師不足は劇的に改善される可能性があります。

 

妊娠や育児などで、一度職場を離れた看護師が再び復帰することができるようなサポート体制が必要という声もあります。

 

また、看護師の離職率が高い原因としては、やはり看護師の仕事がハードであることや、夜勤勤務などが多いことなどが挙げられますが、近年では夜勤手当が厚くなるとともに、交替制の導入や、人員配置の見直しなど、看護師の置かれた状況を改善する動きも広まっています。