×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

看護師転職 理由

看護師転職の理由とは?

 

確かな技術と知識に基づく資格をもっている看護師。一度勤め先が決まったら、ずっとそこで働き続ける人が大半と言うイメージがありますが、意外や意外、あらゆる職種の中でも転職率の高さは上位に位置しているのだとか。

 

その理由は、給与に見合わない過酷な労働体系が主なのだそうです。一般的に高めな給与が魅力の看護師ではありますが、慢性的人員不足の病院がほとんどのためか、一人あたり受け持つ患者数が多すぎ、やることがたくさんありすぎて残業は当たり前。

 

夜勤や深夜勤も避けることはできませんし、救急患者の搬送には残業で対応しなければなりません。さらに、患者の家族や親類、身勝手な医師にも対応しなければならず、心身ともに疲労の多い職種だと言えそうです。

 

年々増えてきているとはいえ、男性看護師の存在も未だ少ないことから、重い患者の体を支えるといった肉体的な重労働を課せられる機会は日常茶飯事で、そのために自分が体を壊してしまったという看護師もたくさんいます。

 

また、女性の多い職場ということで一般職と同じく人間関係に悩んで転職を希望する看護師も少なくないそうです。
また別の病院に行って看護師として再度働くという人がほとんどですが、中には病院自体に嫌気がさし、介護などの現場に転職していく看護師もいるといいます。